(一)

目が覚めたら、見知らぬ場所にいた。

ドラマでも、小説でも、使い古されたその言葉を体験する人はどれほどいるだろうか。

フィクションにこそ、使われるべきであるその展開。現実にあってはいけないことに、私は遭遇していた。

「ここ、は……」

重だるい体を起こす。
部屋の真ん中、フローリングという寝るには不適切な場所にいたためか、首や背中が痛む。

低血圧の気はないが、頭のぐらつきを覚えた。いっそのこと、また寝たい気持ちに駆られるが、そういった場所ではないと起きた時から実感している。

肌から味わっていた。
鳥肌が立つほどの恐怖。

見知らぬ場所にいたこともそうだけど、更に恐怖を上塗りするかのような光景があった。

フローリングに、僅かに廃れた白の壁。
ベージュのソファーに、ガラステーブル。
壁には天井ほどある大きな棚。

ここまでなら、どこにでもある、一般的にリビングと言って差し支えない部屋なのに。

この作品のキーワード
監禁 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。