(二)

簡単に出す訳がないとは、目張りをした窓から察していた。玄関にも、何らかのことをしているだろうとは、明白。

それでも、もうしかしたらと希望を持っていた。

「うそ……」

その希望が潰(つい)える。

“徹底的に逃がさない”とした意思表示をするかのような物が、玄関に存在していた。

一つ、二つ、三つ、四つ、五つ。
片手で数える分だけの軽い数が、こうも重々しく感じるなんて。

玄関には、内側から南京錠がかけられていた。

五つの蝶番に、五つの鍵。
どれも一つとして開いてはいない。

試しに触れる。
びくともしないのは当然だ。

「っ、く……」

絶望と、ここまでやる誰かに対しての気味の悪さで、全身総毛立つ。

泣きたい声を押し殺した。背後に気を配る。あるのは、廊下と、二階へとつづく階段のみ。人影はない。

玄関先に私の靴があった。綺麗に並べてある。


どこからでも外に出られるように履こうと思ったが、少しヒールのついたブーツでは廊下を歩く際に音が酷いし、かと言って、持ち運びにも向いていない。

玄関には、私の靴しかなかった。もうしかしたら、靴箱の中に“誰か”の物もあるかもしれないけど、今はそんな余裕はなかった。


“誰か”が来れば、一発で私が視界に入ってしまうこの空間。二階からでも、一階のどこかの部屋でも、すぐに見つけられてしまうし、玄関として機能しないここは袋小路。


何とかして開かないかとの気持ちもあったけど、五つの南京錠を壊して逃げ出せるイメージなんか湧かない。

別の部屋に行こうと、踵を返す。

「……」

呼吸を整える。とりあえずは、一階から。二階の窓が開いていたとしても、飛び降りることは出来ない。

でも、ここまで徹底した監禁をする誰かが、私を逃がす真似をするのか。内側から鍵をかけるなんて、中の人が出られるわけがーー

「……、誰も出られない」

だったらそれは、私を連れてきた“誰か”にも当てはまる。

最悪の想定として、私を連れてきた“誰か”がいると行動していたけど、想定は事態となる。

最悪の事態。この家には、確実に、私以外の“誰か”はいる。

外側から、内側に鍵はかけられない。
それと鉢合わせない今は、運がいいとの話なんだろう。

会う確率を減らすためにも玄関から離れるべきだけど、別の部屋に行くのは賭けに近い。

その部屋に、“誰か”がいるかもしれないのだから。

竦む足でも、元の部屋に戻ろうと足先が動く。

でも、あの部屋から脱出は出来ない。中からバリケードしようとも、天井まである高い棚を動かせるわけがない。

どうする、どうする。と頭が混乱し始めた。

賭けるか、停滞か。

「みや、もと、さん」

彼が選択の後押しとなる。

この作品のキーワード
監禁 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。