ーー

前触れもなく突飛。
しかして、心構えはしていたことが起こった。

二階で、物音がした。

「ひっ」

上げる声を手で塞ぐ。
心臓が太鼓と化し、その音を聞く一方でーー二階から、降りてくる、足音を、聞い、た。

「っ、っ!」

過呼吸のように息が乱れる。
間違いない、足音。

重く、規則正しい音色(足音)が、私の心音を乱す。

ギシィギシィと、階段を降りきった。

部屋の扉、こちらには鍵がついていない。
バリケードをする余裕はない、せめてドアノブを握って、中に入られないように!

「くっ……」

頭と体が合致しない。
震え上がった体が、脳の命令を無視する。

立ち上がったはずの足が再度膝をつき、扉を凝視するしかなかった。

この体勢では、入ってきた奴に簡単に組み伏せられてしまうのに、頭では分かっているイメージも出来ている、対策だって思い付いたのに、分かっているのに!

宮本さん、宮本さんっ、宮本さん!

「ふっ、くっ」

乱れる呼吸は、足音が近づいて来ているから。

初めての“誰か”の気配に遭遇し、頭は先ほどから危険信号を点滅させている。

そんな私に構わず、足音は近づきーーピタリと、止まった。

ガチャンと、ノブを回す音。

キイィと、扉を開ける音。

この作品のキーワード
監禁 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。