・ ・ ・ ・ ・ ・



はじめて早瀬さんの部屋に行ってから、毎週のように週末を一緒に過ごしていた。
恋は面倒だとか、恋人に使う休日はないだとか、そんなことを言っていた女がいまじゃ恋人と過ごす週末に胸を高鳴らせている。

しかも数日後に迫ったまったく興味のなかったイベントに向けて相手にプレゼントを用意しているなんて。

いや、違う。これはクリスマスプレゼントなんかではなくて、ただのお礼よ。いつも食事をごちそうになったりするから、感謝の気持ちをこめたもの。
時期的にクリスマスプレゼントと思われてしまうかもしれないけれど、違う、たぶん。

早瀬さんへのプレゼントはとても迷った。
男性への贈り物なんて慣れていないし、早瀬さんの部屋や私服姿を見るとセンスがとても良いし。
変なものは渡せない。
しかし、ただでさえお洒落にこだわらないわたしがセンスのあるものを渡すのは難しい。

迷った結果、わたしが選んだのはグレーのマフラーだった。
無難。けど、あれば暖かいだろうし、平日も休日も使える。
そして、そこら辺に売っているものではなく、ブランドのものを。生地がしっかりしていて、毎年使えるだろうと思ったから。

この作品のキーワード
オフィスラブ  無愛想  OL  不器用  ツンデレ  イケメン  大人  恋人  大人の恋  胸キュン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。