会社の傍にできた新しい美容室。
カリスマと呼ばれる人がいるらしいけど、私にはどうでもいい事だった。


ただ、残業して帰る時間、お店の柔らかな明かりが、疲れた身体に癒しをもたらす。
居残りでカットの練習をしている男の子に気付いてからは、こんな時間まで仕事をしている同士として、勝手に親近感を覚えていた。



とある日、その男の子が駅のベンチで寝ているのに気付く。
もうすぐ終電が来てしまうのに、周りにいる人は皆知らん顔のままで。


新人くんが電車を逃したら懐が大変になる!!…と、私は逆のホームに向かって走り出した。




※お店の名前は、アロマテラピーで使われる専門用語で香りの抽出方法の一つ…から選びました。
が、さっき調べたところ、実在するお店があるみたいで申し訳ない感じなのですが…もう今更名前が思い浮かばないので、そのままです。
当たり前ですが、こちらは架空です。ほんと、当たり前ですが。すみません…。



目次

この作品のキーワード
カリスマ  イケメン  癒し  美容師  強引  大人の恋  プロポーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。