オリジナル小説
書いてない時間が多くて出来てないが内容御覧成れ


少年は好きだった少女が死んでる事は知らず
里に戻る

少女が死んだ理由はろくでもないものだった

少女死んだ事隠され
一台ロボットとして
存在を表明されて居る

そして少年自体にも恐ろしいカラクリが…

少年は少女等の為に逆転出来るのか―


少女は爾誇
少年は葉琉



この作品のキーワード
ロボット  社会問題  廃人  弱者  知らない町  笑顔  陰謀  怒り狂う  世の闇  無視