昨日の夜の事は夢を見ていたのかもしれない。


でも、朝起きたとき隣に彼女がいて、すやすや寝息をたてていたんだ。


これは現実...リアル。


僕は確信し、彼女を起こそうとした。


だが、やめた。


もう少しだけこうして、彼女の寝顔を誰にも邪魔されずに見ていたかった。


そっと毛布をかけ僕もまた眠り込んだ。

この作品のキーワード
恋愛  純粋  ラブコメ  天使  ドン底  天然  三角関係  だめ男  一人称 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。