「朝だぞ、しえる」


日曜日。僕は台所からしえるに声をかけた。


「早く起きろ」


「まだ、眠い...ご飯食べたいけど眠い」


相変わらず、というか、しえるは朝が弱い。ここ数週間一緒に住んでみて、こいつは大食いで朝が人一倍起きるのが遅くて...まあ、本人自覚してないけど、世間知らずで天然なやつって事がわかった。


「一緒に住むとか必要性0だ、まったく」


一体、僕は何をしているんだろう。しえるの幸せそうな寝顔を見て、ため息をついた。

この作品のキーワード
恋愛  純粋  ラブコメ  天使  ドン底  天然  三角関係  だめ男  一人称 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。