初音と付き合い初めて、もう一年が立つ。


睦月は、今でも僕をからかってくるけど、それはあいつの......僕にたいしての何らかの友情表現だと気づいた。


しえるは、あの日以来、姿を消した。置き手紙があり、そこにはしえるが書いたと思われる文字でこう書かれていた。


海君へ


私の事は、心配しないで。


幸せな未来は、もうそこまで来てる。


私は遠くで海君を見てる。

この作品のキーワード
恋愛  純粋  ラブコメ  天使  ドン底  天然  三角関係  だめ男  一人称 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。