廊下を歩きエレベーターへと向かうと誰かがちょうどエレベーターに乗り込もうと
していた。
「ちょっと待って」
一緒に乗せてもらおうと思って叫んでみたが・・・・
遅かった

・・・・・もう閉まってるし
閉まったエレベーターの前で肩を落とすと
私は勢いよく下りのボタンを押した。
裕人が追いかけて来るはずなどないとわかっていても早くここから立ち去りたかった。
でもさっき誰が乗ったんだろう・・・ここのフロアは秘書課しかない。
まさかまだ秘書課の誰か残ってたとか?
……さっきの見られたとか・・・ないよね
でもそんなことはもうどうでもよかった。裕人とは終わったことだし
今更裕人と付き合ってたことがバレたとしてももう全て過去の事。

この作品のキーワード
家政婦  秘書  副社長 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。