ネットの情報は本当に早い。 誰にも止められない。







オレは一瞬で『オタクロッカー』というレッテルを貼られた。







それでも『イイ曲さえ作れば世間を黙らせる事が出来るはずだ』と自分に言い聞かせ、作曲を続けた。







そんな批評で音楽をやめられるほど、オレの音楽愛は薄くなかった。







オレはまだまだ曲を作れる。







何があってもこの世界にしがみ付く。








がむしゃらに音楽に取り組むオレに








オレの神経を逆撫でるかの様なシゴトのオファーが来た。














『元ボカロP・桜沢悠斗&人気ネット小説家・秋のスペシャル対談』













払拭しようと躍起になっているオタク臭を、さらに色濃くするだろう、この雑誌企画。








新人のオレに、拒否権などあるワケがなかった。

この作品のキーワード
      切ない  後悔  出会い  過去  元カノ  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。