突然、秋が小説を書かなくなった。







ノートパソコンを開いても、微動だにしない、秋の指。







-----------------スランプ。







秋が、書けなくなってしまった。







『スランプは誰にでも起こり得る事。 この先、オレにだって降りかかるかもしれない。 焦っても仕方がない。 今はゆっくり休めばいいんだよ』








そう言って、秋の頭を撫でながら慰めた。








最初はそんなに深く考えていなかった。








秋が、何ヶ月も書けなくなるなんて、思いもしなかったんだ。

この作品のキーワード
      切ない  後悔  出会い  過去  元カノ  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。