「名越(なごし)課長って、ホントかっこいいよね〜」

目をトロンとさせて、隣のデスクの彩乃(あやの)が呟く。

彼女の視線の先には、一課の営業課長がいた。

ちょうど営業社員に、何かを指示しているところだ。

書類片手に、「予算が〜」だとか「アポを〜」という言葉が聞こえてくるから、新規開拓の話か何かに違いない。

それにしても、一つ島を挟んだ側にいるのに、相変わらず名越課長は目立っている。

「ホント、さすが課長よね? 華があるから、どこにいても目立っちゃう」

私がそう言うと、彩乃はパッと表情を明るくした。

「だよね? 奈々子もそう思うでしょ? 甘いルックスに、推定180センチはある身長、それに部下の面倒見が良くて最高だもん」

確かに、33歳の課長はイケメンだ。

綺麗な二重の目に、通った鼻筋。

薄過ぎも厚過ぎもしない唇で、端正な顔立ちをしている。

肩幅は広く、短く整えられたヘアスタイルでスーツを爽やかに着こなしていた。

そんな見た目に加えて、性格は優しく紳士的。

だから、私たち営業部署内での人気は高いのだ。

とはいえ、三課にいる私も彩乃も、実は名越課長と話したことは、それほどなかったりする。

この作品のキーワード
課長  上司  オフィスラブ  秘密  過去  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。