なんとなく同じ大学に進んで、同じサークルに入って、ツルみ続けて三年半。
異性とか、親友とか、そんな言葉で括れないくらい、真吾は自分にとって唯一無二の存在になってしまった。


傍にいられればいい、と思っていたのに、真吾に言い寄る後輩の姿に焦りが募る。
周りの友人たちに冷やかされて、もしかして真吾、その気になっちゃったりして?




この作品のキーワード
恋人未満  勘違い  相思相愛  イチャイチャ  あまあま  嫉妬  不安