*****



友人として相性抜群のあたしたちは、どうやらベッドの中での相性もよろしかったみたいで。
狭いシングルのベッドでくっ付いて、思いの他イチャイチャと甘い時間を過ごす。



「友香」
「ん?」

今までとは違う、甘い声で名前を呼ばれて視線だけを真吾に向ければ、覆い被さるようにして唇を塞がれた。
胸の端っこの辺りがキュッと音を立てる。





唇が離れて瞼を押し上げると、やっぱりまた見たことのない甘い瞳に見つめられて、今度は胸がギューッて締め付けられた。



この作品のキーワード
恋人未満  勘違い  相思相愛  イチャイチャ  あまあま  嫉妬  不安