【バスケなアイツは充電中~幼なじみ、27歳~】

お読みいただき、ありがとうございました。

2013年10月執筆、2015年2月中旬に手を入れて公開しています。


今回加筆した部分は2nd Quarterです。

バスケの日本代表が男女ともに国際試合への出場停止処分が下されたのは、2014年11月でした。

本作の設定は、その処分が撤回されないまま2015年7月を迎えている、という状況です。

ですが、こんな設定、嘘になってしまえばいい。

1日も早く日本代表チームが世界の舞台で活躍できるよう、心から願っています。


4th Quarterは、元は大人向けの描写をしっかり入れていました。

今回ほとんど削除しました(章の長さが半分近くになりました)が、もっと表現を和らげるべきであれば御指摘ください。


小4~6のころ、バスケをしていました。

『SLAM DUNK』のアニメがちょうど放映されていました。

バスケのプレー感覚や知識はその当時のものなので、おかしいところがあればお教えください。

ちなみに、仙里には特定のモデルはいません。


バスケで傷めるとしたら膝や腰が多いと思います。

が、肘のほうが描写しやすかったため、本作ではこうなっています。

ケガの状況の描写は、卓球の福原愛選手(ロンドンでの銀メダル当時、痛み止めを打っていた)のインタビューを参考にしています。


すでに完成している原稿を、もったいぶって小出しにしてみました。

途中で本棚に入れてくださった読者様、焦らしてすみませんでした。


氷川真紗兎 拝


この作品のキーワード
氷川真紗兎  バスケ  幼なじみ  再会  同級生  青春  体育館  ケガ  短編  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。