ぶつかりそうになってひやっとしつつ、來世が鈍いところのある性格でよかったと思葉はほっとした。



「いいよ、幼馴染の特権で見せてあげる」


「やったぜ、おれ真剣とか居合刀は見たことあるけど、太刀はないんだよなー」


「ちなみに言うとこれ、平安時代生まれの太刀だからね」


「まじで!?」



さらに驚く來世に思葉はくすくす笑った。


今よりずっと背の低かったあの日、もし來世に尋ねなかったら、教えてもらわなかったら、きっと今の自分はいない。


なるべく他人には見せたくないと思っていたが、『ほんとうのともだち』である彼なら許せる。


きっと玖皎も嫌がらないでいてくれるはずだ。



「どうした思葉、妙に嬉しそうだな」


「まあね」



思葉は玖皎にだけ聞こえる声で短く返事をした。


今日一日(厳密に言うと午後だけだが)、色々なことを体験したせいか、長かったようなあっという間だったような、不思議な気分になる。


しかし、來世が家に来るのだから、まだまだ賑やかな時間を過ごすことになりそうだ。


ちゃっかり夕食の注文をしてくる來世の肩を叩いて、思葉は横断歩道を渡った。









この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。