返却された物理のテストが思ったよりもいい点数だった。


最も心配していた教科をクリアすることができ、思葉は安心して息をつく。


数学と化学も悪くない結果だった、これだけ稼げていれば本試験で多少失敗しても何とかなる。



「思葉、どうだった?」



後ろから來世に背中をつつかれる。


思葉はテスト用紙の角を折り曲げて『54』の数字を隠した。



「赤点じゃないよ、でも絶対に教えないから」


「お、全教科赤点回避か。やったじゃん」



來世がおどけて拍手を送る。


振り返ったとき、視界にテスト用紙が目に入った。


92という数字にやっぱりと思うと同時に苛立ちが芽生える。


真面目に授業を受けている思葉が54点なのに、スキあらば居眠りしたり内職したりする來世が92点、クラスのトップ。


なぜこの世はこんなにも不平等だろうか。


教師が全体に向けて話を始めたので身体を前向きに戻す。


ひとまず平均点はぎりぎり超えたから合格だ。


明るい気持ちでテストの解説を聞き、終了のチャイムで解放された気分になった。




この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。