思葉は後ずさり、來世の頭を叩く。


乾いたいい音がして、來世は痛そうに頭を抱えた。



「痛ってぇ、何も叩くことないだろ?」


「あら、殴ってほしかったの?」


「そんなこと言ってねえだろうが、ばかになったらどうしてくれんだよ」


「いっそのこと頭のネジ外れまくって大ばかになればいいと思う」


「うわっ、鬼発言!」



もう一度來世の頭を引っ叩き、思葉は手をひらひら振る。



「で、また富美子おばあちゃんが訪問販売を迎え入れちゃったの?」


「さっすが思葉、話が早くて助かるぜ」


「はあ?何言ってんの、行くなんて言ってないからね」



肩を捕まえようとしてきた來世の腕からさっと逃れ、思葉は階段を昇る。


2段飛ばしであとを追いかけ、來世は顔の前で合掌した。



「頼む、思葉、この通りだ。


ヘルプミー!あ、違う、ヘルプ・マイ・グランマ!


今回はばあちゃん、けっこうその気になっちまってんだよ、おれが何言ってもダメだったし……。


それで思葉連れていくからそれまで待っててくれって」


「言ったのね」



4階に到着してじろりと思葉が睨むと、來世は腰を90度に折り曲げて頭を下げた。


そんな状況になっているのなら行くしかない。


大袈裟に喜ぶ來世をどついて、思葉は教室に戻った。









この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。