振り返ってみれば、それは思葉が決して進んでやろうと思わない行為だった。


人とのつながりを疎ましくは考えないが、自分の感情を整理して的確な言葉で表すのは苦手だ。


それを玖皎に向かって真剣になってやっていた自分が、別人のように思えてくる。



(自分で自分に振り回されてたみたいになっていたけど、ちゃんと話せたかな。


でも、玖皎に気づいてもらえてよかった。


あのまま立ち止まっているのはきっとダメなことだから……琴姫さんも、望んでいないことだから……)



思葉は長く息を吐いた。


櫛の付喪神に、人型になった玖皎、彼の過去にあったこと、色んなことが起こりすぎて、まだ噛み砕ききれていない。


半分夢を見ているような心地がしている。


それらについて整理しようと思ったが、もう限界が来ていた。


寝返りをうつや否や、付喪神について思い出す前に前後不覚に眠り込んでしまった。


ちく、たく、静かな部屋に規則正しく時を刻む音が鳴る。



「罪は償うもの、か……」



秒針の音より小さな声で、玖皎はそう呟いた。


普通ではない、不思議な出来事が起こった夜は更けていった。









この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。