――触るな!



(えっ?)



鋭い声が耳朶に届いた。


思わず手を引っ込めたとき、鈴のような清らかな音色が転がったのを聴く。


はっとして視線を上げると永近がいなかった、十津川の姿もない。


違う、いなくなったのではない、景色が一変していた。


思葉は満刀根屋ではない場所にいた。


目の前に誰かがいる。


十二単だろうか、沁みるような緋色の唐衣が目に飛び込んできた。


着物を着たり見たりする習慣はないが、高貴な身なりであることはなんとなく分かる。


裳と一緒に広がる黒髪が美しい。


けれども肩から上は、薄暗くてよく見えない。



(……誰?)



「こら!」



永近が怒った声を発した。


それに驚いて肩をわずかにはねさせ、思葉は引っ込めていた手を握りこんだ。


気付くと視界は満刀根屋の中のものに戻っていた。


十津川がびっくりした顔で永近を見、その永近は眉を吊り上げて思葉を見ている。



「柄だけを持つやつがあるか、ばかもん。


鎺(はばき)はあるが、万が一鞘走ったらどうなるかもよう考えんのか。


それで誰かに怪我させたり、自分が怪我したりしたらどうする。


やってからでは遅いんじゃぞ」



永近は普段は穏やかだが、その分怒るととても怖い。


しかも怪我などが絡めばその迫力は凄まじいものになる。


思葉は首をすくめて素直に謝った。



「ご、ごめんなさい」



今度は両手できちんと鞘の部分を掴んだ。


少しだけ目を凝らし、周囲の音に気を付けてみる。


さっきの声は聴こえなかった。


十二単を着た女性の姿も観えなかった。









この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。