「寝ーるーな、解法が分かったなら頑張って最後まで解けよ。


おまえ今回の範囲で点数稼げるの、論理と集合とここぐらいだろうが。


頑張らないとまたピンチになるんだろ、来月の小遣い」


「別にお金のために勉強してるわけじゃないけどさあ……今回の模試も絶対に平均点いかないと思う。


学年の底辺を爆走する結果になるんだろうね」


「自分で言うなよ」



思葉はテーブルに額をくっつけたまま首を左右にうだうだと振る。


脇に積んでいる冊子の塔に手を伸ばして、一番上にのっていた日本史の教科書を取った。


適当にページをめくる。


すると、平安時代について記述してあるページがすんなりと開いた。


よく見るようになっているから癖ができたのだろう。


古文単語の確認をしていた來世がそれに気づいて苦笑した。



「思葉、明日の模試は日本史じゃなくて世界史だぞ。


あったとしても、範囲は明治維新でそこは全く出ないぜ?」


「うん、分かってる」


「なんかおまえ最近、よくその章読んでるよな。


この間だって源氏物語読んでたし、平安時代のブームでも来てるのか?」


「なんで知ってるのよ」


「後ろの席だと見えちゃうんだよ」



來世がどういうわけか楽しそうに笑って言う。


思葉は数学に取り組むのを止め、身体を起こして日本史の教科書を眺めた。




この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。