唐突に言われて、來世は慌ててテーブルに戻り単語帳を開く。


思葉も頭をシュールな想像図から数学の問題へとシフトチェンジした。


しかし、頭の片隅では別のことを考えていた。


人と同じようにとはいかないが、來世の言っていたことは一理ある。



(来週の試験が終われば、とりあえず本試験までは余裕あるわね……まあ言うほどないけど。


でもその間に、出来る範囲であいつと遊んでみようかな)



笑っているうちにそこまで深刻に悩まなくていいという気分になって少しだけ楽になった。


少し時間をかけなくてはならないクラスメートだと思って接していけばいいのだ。



(というか、太刀に遊ぶって概念はあるのかな?


人間みたいに喋れるし考える力も持ってるし、感情もあるから多分分かってくれるだろうけど。


刀が想像する遊びって何だろう……人斬りなんて物騒なことじゃないといいな)



漠然と考えながら思葉は次の問題に取り組んだ。


あの刀に宿っている意志を無視して所有することは到底出来そうになかった。









この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。