定期試験が終わった翌日の土曜日。


いつものように思葉はベッドに寝転び、読みかけのハードカバーの本を開いていた。


月曜日のテスト返却のことは頭の隅に追いやっている。


玖皎は流行りのアーティストの曲を流す思葉のウォークマンに聴き入っているので静かだ。


いつ永近に見られても特に怪しまれない、玖皎の暇つぶしである。


ちなみに思葉が学校に行っている間はそうするにもいかないので、窓辺に置いて外の景色を眺めることで我慢してもらっていた。



なので玖皎の定位置は、カラーボックスの上というやや危なっかしい場所になっている。



「思葉」


「んー?」


「おまえが今読んでいるのはどのような書物だ?」


「書物なんて大層なものじゃないよ、ただのファンタジー小説」



思葉は指をしおりにして挟み、本の表紙を玖皎の方へ向けた。


地下に広がる世界を舞台にした、映画化もされている有名な海外のファンタジー小説である。




この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。