「…フラれた」

「え、」



ある日の午前中。

家でゴロゴロしていたら、あたしはいきなり芽衣に近くの喫茶店に呼び出され、来てみたらまず一言目にそう言われた。


その言葉を聞いただけでも、一方のあたしには何のことかがすぐにわかって。

意外な結果に、目を見開いた。


…フラれた、って…。


直樹、芽衣をフッちゃったの!?



「ッ、何で!?」



そして思わずあたしがそう言って目の前のテーブルを両手で叩くと、少ししょんぼりした様子の芽衣が言う。



「…加藤くんね、他に好きなコがいるんだってさ。一緒にいるのがあたしじゃダメみたい」

「そんな…」



芽衣はそう言うと、注文したオレンジジュースをストローでずずず…と飲み干す。


…いや、いやいやいや。

好きなコ?

ちょっと待ってよ。


あたし、直樹の親友だけど…


好きなコがいるなんて、



そんなの一言も聞いたことないよ!?



この作品のキーワード
イケメン  ナルシスト  毒舌  チャラ男  真面目 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。