妃由 side



「ん、終わったぞ」

「ありがと~!」



ある日の午後。

直樹が、ふいにあたしの夏休みの宿題を手にそう言った。

実は、宿題が全然終わっていなかったあたしは、今日直樹にやってもらうために家に来ていたのだ。


あたしが満面の笑みで宿題を鞄に片付けると、直樹がどこか不満そうに言う。



「…っつかさ、アレじゃね?」

「?」

「なんか不憫じゃね?俺。頑張って妃由の宿題やったのに、何も無いとか」



そう言って、ジロ、とあたしに目を遣る直樹。


…そっか。

言われてみれば、そうかもね。


そう思って、



「じゃあ代わりに、直樹がなかなかクリア出来ないゲーム、あたしがクリアしてあげる!」



あたしはそう言って、早速直樹のゲームソフトに手を伸ばした。


でも…


この作品のキーワード
イケメン  ナルシスト  毒舌  チャラ男  真面目 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。