「ただいまー」



ピンクの封筒を手に家の中に入ると、

リビングには智輝と龍也がいた。



「…おかえりなさい」



そんな俺に龍也が答えるけれど、俺はその声を聞こえないフリをして、ソファーに座っている智輝の後ろ姿に近づく。



「ん、買ってきたぞ。“冷やすもの”」

「おー、サンキュー」

「…ひでぇな、顔。真っ赤になってんぞ。どんな女に殴られたんだよ」



そしてそんな智輝の顔を覗き込んで俺がそう言えば、智輝は“冷やすもの”を黙って受け取ってそっぽを向いた。


…まぁいいけど。



「お前そのうち殺されるかもな」



俺が言葉を続けてそう言うと、智輝がやっと口を開いて言う。



「…うるせー」

「…」

「お前の女に殴られたんだよ。最悪だよ、アイツ。顔だけは可愛いクセに」

「!!…は、」



だけど俺は、そんな智輝の思わぬ言葉に反応すると、信じられない事実にびっくりして振り向いた。



…“お前の、女”…?


って………妃由!?




「えっ…もしかして、妃由に殴られたのか!?」


この作品のキーワード
イケメン  ナルシスト  毒舌  チャラ男  真面目 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。