妃由 side


ある日の夕方。

あたしは、直樹と一緒に水着を買いにデパートに来ていた。

木塚くんと海に行くのは楽しみだけど、水着なんてもうずっと着ていないし、

そもそも何を選んでいいのかわからない。

そしてあたしは、隣で浮かない顔をしている直樹に言った。



「ね、ね、直樹これは?これとか可愛くない!?」



そう言って、淡いピンク色の水着を自分の体にあてる。



「ん、いいんじゃない?」



だけど直樹は、それだけしか言ってくれなくて。

あたしは結構迷っているのに、さっきから同じようなことしか言ってくれないのだ。


…も~、イジワル。


この作品のキーワード
イケメン  ナルシスト  毒舌  チャラ男  真面目 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。