妃由 side


ある日の夜。

あたしは、夢を見た。


夜の二人きりの海で、拓海くんと手を繋いで歩く夢。

夢の中での彼は現実とは違って、物凄く優しい。


しばらく二人で仲良く歩いていると、拓海くんが言った。



「妃由、」

「うん?」

「キス、してもいい?」

「!」



拓海くんはあたしにそう問いかけると、少し距離を縮めてくる。

そして、いきなりそう聞かれたあたしはというと…

顔を真っ赤にして、言った。



「たっ拓海くんが、したいならっ…」



だけど、表はそう言うけど、あたしの心は凄くドキドキしていて、どうしていいかわからない。

でもあたしが目を瞑ると、拓海くんの顔が少しずつ近づいてきて…



キスをした。



この作品のキーワード
イケメン  ナルシスト  毒舌  チャラ男  真面目 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。