月曜日


一昨日の熱い夜を頭の隅に追いやり、い

つものように出勤した。


零が来るまで掃除をしようと秘書室と副

社長室の間にある応接間に入れば、長い

ソファの上で横になり寝ている人物がい

る。


「……」


気配に気づいたのか無精髭を生やした零

が、土曜の朝に見た彼の服装のまま、乱

れた黒いサラサラの前髪をかきあげ体を

起こした。


「……コーヒー…を頼む」


ハスキーな声がかすれ濁声で辛そうだっ

た。


「…はい…」


急ぎ、秘書室の奥にある給湯室でドリッ

プしたコーヒーを彼の元に運んだ。


「熱いので気をつけてください」


「サンキュー」


疲れた表情で微笑まれ、胸がチクンと痛

んだ。コーヒーを飲む彼の横で私は、彼

の為に私ができる事はないのだろうか?


彼の力になりたいと思ったのだ。


コーヒーを半分ほど飲むと、彼はテーブ

ルの上にマグカップを置き、私の手をと

り引き寄せる。


「きゃー」


彼の膝の上にちょこんと座る姿勢になる

と、私の頭を撫で左手を指で撫でてくる




「胡桃、指輪は⁈」


「…えっ、ホテルの部屋に置いてきまし

た」


「どうしてだ?」


頭を撫でながら優しく質問されると一昨

日の事が夢ではなかったのだと感じてし

まう。


「あの指輪は、演技に必要な小道具なの

で私が持っている訳にはいきません」


彼の目がギラついた。


「会社にいる時も、つけてもらわないと

来客の目を欺けないだろう⁈」


「…ですが『俺だ…着替えと一緒に婚約

指輪を持ってきてくれ……どこにある?

』…タキシードのポケットです」


私の声を遮り、電話をかけていた零は指

輪の居場所を聞いてきた。


『だそうだ…慌てなくていい』


そう言うと電話を切った彼は、妖艶に微

笑んだ。


「さて、峯岸が来るまで休むか」


「では、私は掃除をしていますので何か

ご用があればおっしゃってください」


彼の膝の上から降りようとするとぐっと

腰を掴まれあたふたとしてしまった。


「…副社長⁈」


倒れるようにソファの上に寝そべり、零

が覆いかぶさる。


「充電させて…」





言葉を理解する前に、唇を塞ぎ啄むよう

に何度も優しくキスを落としていく彼の

背に手のひらを添えていた。

この作品のキーワード
策略  お見合い  副社長と秘書  腹黒  甘々  ライバル