恋する資格なんてないと思っていた。
仕事に追われて恋はしばらくお休みをしていた。
順調に仕事をこなしていたある日、
運命的な出会いが待っていた。


相崎みづき 31歳→32歳

地元の企業から一念発起し、起業独立。
仕事の軌道がのったところで、知り合いからの頼まれごとで、
地元企業へ大学生のインターンシップがあることを知り、
大学生をとることになった。
社長といっても、もともと地味子。
仕事のことばかりで、恋愛は仕事のようにはうまくはいかない。
恋は仕事の二の次と思っていたのだが…。


宮下亮介 21歳→22歳

大学生。インターンシップでみづきの会社へ行くことになった。
みづきの下で働くようになったけれど、
どうやらみづきのことが気になって…。



恋でも愛でも、そんな感情などないに決まってる。
ましてや、大学生の年下男子になんかに。
それなのに、どうして。



2015.2.26~2015.7.29
2015.8.6 一部変更いたしました。

無事、完結しました。
本棚inしてくださった読者様、
投票してくださった読者様、
ありがとうございました。

この作品のキーワード
大学生  社長  ときめき  年の差  年下  地味子  大人の恋  秘密  王子様  三角関係 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。