***


買い物をしている間に携帯が鳴っている事に気付いた。
会計を済ませてお店の外へ。



「京輔?」

思いがけない人からの着信にビックリして、掛け直そうと思った瞬間に再び鳴り出す着信音。




「あの、ごめんね京輔」

咄嗟に口をついて出たのはすぐに電話に出られなかった事への詫びの言葉。



『何、謝ってんの?』

不機嫌そうな声に息を飲む。



「あ、あの…」
『なぁ、お前もしかして今外?』
「え?あー、うんそう。どうしたの?」
『どうしたの、って…』

沈黙が流れる。




久々の電話。
話したい事は色々あったはずなのに、電話の向こう側から伝わってくるのはイライラしたような京輔の雰囲気。
言葉が出てこなくて、気持ちが焦った。


この作品のキーワード
すれ違い  不安  恋人  浮気  疑惑  嫉妬  イチャイチャ  激甘  大人の恋