***


「どこ行くの?」

車に乗ってすぐに繋がれた手は、運転中も離れない。


久しぶりの京輔の大きな手に、私の心臓は悲鳴を上げる。
早く目的地に着かないと、おかしくなってしまいそう。



「昼間っから車で、って訳にもいかねぇだろ?」

そんな物騒な事まで言い出して。



「とりあえず家まで我慢」

そう言った京輔の手に、力が篭もった。





この作品のキーワード
すれ違い  不安  恋人  浮気  疑惑  嫉妬  イチャイチャ  激甘  大人の恋