***



「やっ…きょ、すけ……ぁっ……あっ…」

京輔の指先が肌を這う度、全身にビリビリと電気が走ったみたいな感覚が身体を襲う。


一度二人で昇りつめて、荒い息を整える間もなく、私のナカに入りっぱなしだった京輔がすぐに力を取り戻した。
にぃっ、と笑った京輔はもうスッカリ私の知っているちょっとエッチな京輔で。


二度目はグイッと腕を引かれて、横たわった京輔の上になった。
自ら腰を振り、これでもかってくらいに下から突き上げられて、私は口を閉じる事もできないくらい喘いで、散々啼かされている。



グッと腰を掴んで落とされて、京輔の熱に最奥を突かれた。
今まで味わった事がないような強烈な快感に、ビクビクと身体が震えて大きな声を上げたような気がする。
あまりにも気持ち良くて一人で先にイッてしまったのだと気付いて、恥ずかしいやら申し訳ないやら。




「はぁ…はぁっ……ごめっ……京輔…私…」

荒い息を吐き出しながらそっと瞼を上げて京輔を見れば、それはもう嬉しそうに笑っていた。



この作品のキーワード
すれ違い  不安  恋人  浮気  疑惑  嫉妬  イチャイチャ  激甘  大人の恋