「うーーん? 全く記憶がないな」
朝、起きたジェイドさんは昨日、いつ眠ったのかも忘れていた。
泥酔するよね。疲れている時にワイン一本とか。
「俺は本当に眠る前にリンボーダンスしながらベットでぴょんぴょん跳ねたのか?」
「ええ。動画に撮れば良かったわ」
(もちろん、嘘ですが)
逆に、昨日、ジェイドさんが何を言っていたのか尋ねられたら困るので先手を打って置く。
リンボーダンスなんて踊れるのかさえ知らないのに、ジェイドさんは単純に信じて、真っ青になったり真っ赤になったりしてちょっと可愛い。

でも、首筋を唇でなぞったりしたことを忘れていて嬉しい様な悲しい様な、ちょっぴり切ない気持になる。

頭痛がするというジェイドさんは、いつかの二日酔いの私に用意してくれた蜂蜜入りのミルクティーにアボカドとトマトのサラダを目の前に、未だに何か唸っている。
「ねえ、今日の予定は?」
「ああ、日本からの御客が二人いるからね。あの二人を船内の案内に――」
そう言いながら、フォークに伸ばしていた手を止めた。

「いいや。もう明日の朝には日本に到着しているんだ。今日はキミと過ごしたいな。ナホ」

ジェイドさんの、私を呼ぶ甘い声が好き。堪らなく、胸が締め付けられる。

この作品のキーワード
大人の恋  イギリス人  御曹司  婚約  偽装  失恋  俺様  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。