朝起きると、頭痛なんて何処へやら。
スッキリした頭で、昨日ぐちゃぐちゃ考えて、ジェイドさんに色々文句を言ったのが恥ずかしくなってしまった。
ポロポロと、心の嫌な部分が剥がれ落ちて、軽くなっていた。
何を一人でぐちゃぐちゃ考えて空回っていたんだろう。
不思議だ。
そう思えるのは、ジェイドさんと契約抜きで色んな話をしたからかな。

背伸びをして、まだ少し紫に近い朝日を眺めながら大きく息を吸い込んだ。

……ジェイドさんは何処だろう?
昨日、漬けてくれた大根のハチミツ漬け、飲んで良いのかな?

スイートルームの何処を探しても、彼の姿を見つけられなかった。
昨日、あんなに喋ったのに、こんな朝早く起きて出かけるなんて眠くないのかな。
部屋に戻ると、サイドテーブルに置かれた大根の蜂蜜漬けの瓶の下にメモが挟まっていた。

『3階のボルダリングルームに居ます。ハチミツ漬けを飲んで安静にしておくように』

この作品のキーワード
大人の恋  イギリス人  御曹司  婚約  偽装  失恋  俺様  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。