「あ」

マンションの前で博人さんの車を見送り、歩き出した途端、バッグの中でスマホが電話を知らせて鳴り出した。


「え…?!」

画面の文字を見て、一瞬で固まった。


――藤堂さん…?


「…はい?」
「俺だ。今どこにいる?」


…いきなり『俺』?


「え?…どこ、って?」
「外か」
「はい…今、マンションの前で…あの――」
「足は?大丈夫なのか?」
「ええ、歩けます」
「今から行く」
「えっ?今?」
「そのままマンションの前で待ってろ。すぐに行く」
「あ、あの――」

それだけ言うとこっちの返事も聞かずに電話は切れてしまって。


「ええっ?何これ………」

手の中のスマホを見つめたまま、その場で放心状態になれば、


…………『一目惚れ』

レストランでの理沙の言葉が頭を過り、ドキッなのかドクンなのか、おかしな音が胸から聞こえ始めた。

この作品のキーワード
激甘  溺愛  俺様  社長  イケメン  大学生  甘々 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。