「レナ、沖縄行こうか。」

夕飯を食べながらポツリとユウが呟く。

レナは驚いて箸を止め、少し顔を上げる。

「ちょっとまとまった休みができた。前から行こうって言ってただろ?」

小さくうなずくレナに、ユウは笑って話す。

「こんな時でもないと、レナはゆっくり休めないから。キレイな海でも眺めて、美味しいものいっぱい食べて、島唄でも聞いてゆっくりしようよ。そうだ、大人になったから泡盛も飲めるな。それから、約束してた琉球硝子のグラス、買って来よう。」

レナはじっと手元を見て、ユウの話を聞いている。

「行きたくない?」

レナは首を横に振る。

「じゃあ決まり。」

ユウがまた料理を食べ始めると、レナは少しうつむいて、ゆっくりと箸を動かした。

(沖縄でのんびり過ごして、少しでもレナの気が晴れるといいな…。)

この作品のキーワード
幼なじみ  結婚  夫婦  妊娠  出産  病気  純愛  アラサー  バンド  主婦 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。