大阪から帰った次の日の朝

会社に向かう電車の中で瞳先輩にLINEでメッセージを送った


【相談したいことがあるんですけど、今日の夜いいですか?】


先輩はすぐにOK!の返事をくれた




で、今 行きつけの居酒屋で向かいあっている

瞳先輩が気を遣ってくれて個室を選んでくれた





「じゃ!乾杯〜!  くはぁ〜!やっぱり仕事の後の生ビールは
最高〜!・・・な〜んて!オヤジみたいでごめんね!」

「いえいえ〜!お酒に強い瞳先輩が羨ましいです〜!」


と、いつもウーロン茶の私。


「で!どうしたの!?彼氏に女の影!?」


「・・・・・。」


「ちょっ!ちょっと〜!冗談で言ったのに〜!ホントなの!?」


と瞳先輩が本気で焦ってる!


「いえいえ!・・・多分その線は大丈夫かと・・・。と言っても
狭い1ルームで荷物も殆どなかったし・・・その中で私の
女の勘は働かなかったんですけど・・・・。」


「あ”〜っ!ビックリした〜!本気で良くない話かと思っちゃった!」

この作品のキーワード
オフィスラブ  ほのぼの  年上  男目線  マラソン  運命  同僚  プロポーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。