夜10時、電話が鳴った

高橋からだ


「遅くにごめん。ちょっといい?」

「全然いいよ!」

「ゆみちゃんのことなんだけど・・・」

「うん。」  


何だろう?すっごく気になる



「ゆみちゃんが何に悩んでて・・・何て言ったかは言えない
んだけど・・・・。」

「うん、そうだな」

「でも・・・私が言えるのは・・・ゆみちゃんのそばにいて
あげて欲しいってこと・・・。」

「じゃ、すぐ会社辞めて、大阪行って、結婚するってことはない
んだな!?」

「あは!そうだね!・・・私も先越されなくて良かった!」




「よくヒデって二人で出かけるの誘えないって気にして
るけど・・・別にいいんじゃないかなぁ〜!?って思ってさ」

「う〜ん・・・でも誘って断られてさ、今みたいに二人で
走りに行ったりできなくなるのがさ・・・。」

「ま!そ〜うなんだけど・・・ま!とにかく!
かまってあげてよ!今まで以上にさ!」






この作品のキーワード
オフィスラブ  ほのぼの  年上  男目線  マラソン  運命  同僚  プロポーズ