◇◇◇


モーニング・ウインドが始まり、二週間が経過した日の早朝。


私は大あくびをしながら、マンションの駐車場を歩いていた。



それは風原さんの白い車に乗るためで、送ってもらっての出勤が常態化している。



彼は先に来て、運転席で私を待っていた。


後部席に乗り込み、
「おふぁようございまふ」
と挨拶する。



まだしゃっきり目覚めていない私をバックミラー越しに見て、風原さんはこう言った。



「顔が酷いな」


「ぬ?」



それは、奥歯が見えるほどに大口開けて、あくびしたせいかな?


それとも、ブスだと言いたいのか?



後者なら、もう二週間もこの顔を見ているのだから、いい加減に慣れろと言いたいところだ。



ムッとして黒い毛布を頭まで被り、いつものように後部シートに横になって隠れる私。



車が静かに駐車場から走り出ると、風原さんは言葉を付け足した。



「目の下のクマ、花山田に言って、ファンデーションを塗りたくってもらえよ」



この作品のキーワード
アナウンサー  俺様  フェロモン  じれじれ  胸キュン  声フェチ  御曹司  プロポーズ  溺愛  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。