◇◇◇


7月――。


暑い、とにかく暑い。

北海道出身の私には、東京の夏は灼熱地獄に思える。



お天気担当、雨雲君に、

「朝は涼しいから、中継もやりやすいですね」

そう話し掛けられたけど、私には十分に暑いと感じる気温なんですけど。



コンクリートやアスファルトにお日様がギラギラ照り付け、

ムッファ〜とした熱い湿気が、足元から上がってくる。



モーニング・ウインドのお天気コーナーは放送中に三回あり、

お日様の勢いが増した三回目の中継を終えると、もうフラフラで、

すぐに私は、屋内に逃げ込んだ。



暑かった……。


スタジオの外の廊下で、冷たいペットボトルを頬に当てて涼んでいると、

完全遮音のぶ厚い扉が開き、風原さんが出てきた。



スタッフさん達も周囲にいるので、今の彼は表向きの彼。


夏の暑さも吹き飛ぶ、実に爽やかな顔をして、

「日野さん、外中継ご苦労様でした。今日も良かったですよ」

ニッコリ笑って、そうのたまった。



「ありがとうございます」
と答えた時に、

ポケットの中でスマホが震えた。



見ると、今目の前にいる風原さんからのメールで、

《暑いからって、だれてんじゃねぇ》

というお叱りの言葉が書かれていた。



この作品のキーワード
アナウンサー  俺様  フェロモン  じれじれ  胸キュン  声フェチ  御曹司  プロポーズ  溺愛  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。