◇◇◇


翌日――。


言われた通り、3時ジャストにマンションの駐車場に行くと、

風原さんはもう、運転席に座っていた。



シャワー浴び立てなのか、

濡れた髪の全てを無造作に後ろに流して、形の良い額があらわになっている。


今だけは、彼のイメージ“爽やか”というより、ワイルドに見えた。



立てた親指で後部席を差し、乗れと合図をされる。



ドアを開けて後部席に乗り込むと、

「お早うございます」と挨拶もしない内に、「30秒の遅刻だ」と叱られ、

昨夜と同じく「黒い毛布を被って寝てろ」と指示された。



車は朝日の気配のない、まだ暗い街の中に走り出した。



毛布の中から「あの〜」と声をかけてみる。



「何?」


「朝ご飯食べる時間がなくて、おにぎり買いたいのでコンビニに寄ってもらえますか?」



朝が早過ぎて、食欲は湧かないけれど、

本番中にグーグーお腹を鳴らすわけにいかないから、無理にでも食べておかないと。



この作品のキーワード
アナウンサー  俺様  フェロモン  じれじれ  胸キュン  声フェチ  御曹司  プロポーズ  溺愛  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。