「ばあばとじいじのお家行くぅ~」
キャッキャッと大はしゃぎする美桜。

ふぅ…危ない、危ない。
美桜は、電話が好きだから出れないとぐずるのよね。

昼食を食べた後に美桜を連れて両親が居るアパートに向かった。
そう言えば、アイツの自宅で家政婦をやってから初めて来たかも

パパもママもこの事を知らないから驚くわよね…きっと

アパートが見えて来たがいつ来ても驚くぐらいボロいアパートだ。
私と美桜も少し前まで似た境遇だったけど…

あの豪邸に住んでいた〝一条院家〟も落ちぶれ今だとこんな貧乏生活になってしまった。

豪邸は、引き払い使用人も居くなってしまう。
唯一古くから一条院家を支えてくれてるメイド頭の田中さんが両親の世話をしてくれてる事だけ

チャイムを鳴らすと田中さんが出てきた。
「これは、梨花お嬢様と美桜お嬢様。
ようこそ、いらっしゃいました」

「こんにちは、田中さん。
フフッ…もうお嬢様じゃないんだからお嬢様と付けなくてもいいわよ?」

「そんな事はありません。
私は、昔から梨花お嬢様や一条院家を支えてきましたので、そんな失礼な事出来ません」
キッパリと否定する田中さん。

相変わらず律儀な人だと思う。
だから、両親を支えて下さるのだけど…

この作品のキーワード
ラブコメ  社長  家政婦  俺様  意地悪  同居  復讐  ツンデレ  胸キュン  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。