微妙な関係を続けたまま数ヶ月になろうとしていた。
季節も春から夏になり…

猛暑が続く今日この頃。
そんな最悪な関係から、さらに最悪な事が起きた。

「39度2分か…夏風邪は、馬鹿しかひかないと聞いたが本当だったらしいな」

「うるさい…」
そう私は、夏風邪をひいてしまったのだ。

まさか、風邪なんてひくなんて思わなかったから自分でも驚いてしまう。

だが、熱が高く頭がガンガンするほど…痛い。

「とにかく今日は、いいから大人しく寝とけ」
溜め息混じりに言うアイツ。

「大丈夫よ…これぐらい平気。
あんただって仕事があるんでしょ?」

「そんな状態で出来るか、アホ。
今日は、会議も無いから自宅でもやれる。それにコイツ居るのにそんな状態でどうする気だよ?」
チラッと美桜を見ていた。

「美桜…重いから退いて」
案の定美桜は、私の上に乗っかって甘えてきた。

「ママ。お風邪しゃんひいたの?」

この作品のキーワード
ラブコメ  社長  家政婦  俺様  意地悪  同居  復讐  ツンデレ  胸キュン  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。