「……。」
ジッと2人を見る。
仲良く寄り添って寝ている姿は、何だか親子っぽい。

その姿は、美桜にとって叶えてあげたい光景で、とても複雑な気持ちになった。

「…~ん」
そうするとアイツが目を覚ましてしまう。

えっ!?
慌てて周りを見渡すが逃げる事が出来ない。ど、どうしょう!?

「…ふぁっ~何だ、もう起きたのか?」
あくびを1つするアイツ。

「えっ…と…おはよう」
とりあえず挨拶をしておく。
何だか気まずいわ

「あぁ、おはよう」
頭をかきながらベッドから起き上がってきた。

そうしたら
着ていた上着を突然脱ぎ出してくる。
えぇっ!?

「キャアッ!!
ちょっと、勝手に服を脱がないでよ!?」
慌てて横を向くが顔は、真っ赤だろう。

「あっ?服を脱がないと着替えられんだろうが」
まったく詫びれる様子もなくクローゼットからYシャツを取り出す。

「私が居るんだから少しは、遠慮ぐらいしてよ…」

この作品のキーワード
ラブコメ  社長  家政婦  俺様  意地悪  同居  復讐  ツンデレ  胸キュン  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。