私は、渋々起き上がりいつ起きて来てもいいように朝食の準備をした。

ジュッ…
フライパンで目玉焼きを作る。ベーコンも一緒に焼いて

そうしたら
あの男が起きてきたようだ。

ガチャッ
「…何だ、起きてたのか?」
眠そうにあくびをしながら入ってきた。

「…おはよう。
ご飯食べて行くでしょ?ウチは、朝洋食だけどそれでもいい?」

「あぁ…」
それだけ言うとテーブルの方の席に着くアイツ。

「……。」
朝から顔を合わせないとならないし何だか複雑な気分だわ。

複雑な気持ちになりながらもベーコンエッグ、トースト、ツナサラダとスープをテーブルに置く。

男は、そんな私を気にする事もなく新聞を広げて淹れたコーヒーを飲んでいた。

ササッと食べて会社に行って欲しい。
どうもこの男がそばに居ると落ち着かない。

自分と美桜の分を作っていると美桜の泣き声が聞こえてきた。

私は、慌てて作るのを中断すると部屋に行った。
ドアを開くと身体が小さいため開けられなく半べそになっている美桜が居た。

「あら美桜。
おはよう…起きたのね」
そう言うと私にしがみついてきた。

この作品のキーワード
ラブコメ  社長  家政婦  俺様  意地悪  同居  復讐  ツンデレ  胸キュン  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。