「くっ…ココで諦めるのは、嫌だけど)
パスワードが分からない上に美桜が遊びに行きたがっているから仕方がない。

私は、美桜を連れて近くにあった公園に行く。
引っ越したから周りは、知らない人達ばかりだ。

と言っても前の所は、自宅の広いお庭で遊ばせてたからママ友が居なかった。
それに…

ハッキリと口にする性格とセレブが災いしてか小学校の頃は、孤立していた。
一般校だったからかも知れない。

中学、高校は、一貫のお嬢様学校に行ったためか孤立になる事はなかった。
いや…むしろ憧れの的になっていたわ。

だから、今回も普通に馴染めるか不安に思ってしまう。
もうセレブじゃないし…

「ママ早く~」
ぐいぐいと手を引っ張る美桜。

「はいはい」
不安に思いながら公園の中に入って行く。

そこには、遊んでいる子供達と母親達が数人居た。
「おはようございます」

「あら、おはようございます。
新入りさん?」
そう言ってきたのは、リーダー格の人だろうか?

ブランド品に身を固めた女性だった。

この作品のキーワード
ラブコメ  社長  家政婦  俺様  意地悪  同居  復讐  ツンデレ  胸キュン  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。