えっ!?
さっきまで忘れていたのに。

「ママ。おふりょ~ 」

「はいはい。
ちょっと待っててね。すぐ片付けるから」
急いで食器を洗った。

お風呂を済ませると美桜の髪を乾かし歯磨きをさせる。
そして、トイレに行かせて寝かしつけようと絵本を読んであげていた。

そうしたら
「美桜ねぇ~おじちゃん好きよ?」
突然そんな事を言ってきた。

「あら、そうなの?
でもおじちゃん冷たくな~い?」

「じぇんじぇん」
ドキッパリと否定をする我が娘。

あら…そう。

困ったものね。
人懐っこいのは、いい事だけど…さすがにアイツに懐つくなんて

「ママは、おじちゃん好き?」

はい!?
「ママは…ちょっと、どうかしら」
まさかの質問に戸惑ってしまう。

「ママ…おじちゃん…好き…なりゅと…いいね」
そう言いながらスヤスヤと眠り始める美桜。

この作品のキーワード
ラブコメ  社長  家政婦  俺様  意地悪  同居  復讐  ツンデレ  胸キュン  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。