「…嘘。指輪がないわ!?」
結婚指輪が無い事に気づいた。

夫である隆史との形見でもあるのに…
一体どこで無くしたのだろうか?

「確かパーティーがある時でも付けてたのに…」
私は、食器を洗うのをそこそこに指輪を探す。

無い、無い。
何処にも無い!!
ソファーの近くや部屋の周りを探す。

しかし、いくら探しても結婚指輪がなかなか見つからなかった。

「ママ。
何をやってるの?」

「指輪を探してるのよ。ママの指にいつもはめていたヤツ。美桜知らない?」

「ちらない」
キッパリと否定される。
そう…知らないか。

どうしょう…
隆史との思い出の品なのに
まさか無くすなんて…これは、罰なの?

私が隆史を裏切ったりしたから
そう考えていたら突然スマホが鳴り出した。

ビクッ!!
驚いてしまう。

こんな時に誰だろうか?
そう思いながらスマホを見るとすみれからの電話だった。

この作品のキーワード
ラブコメ  社長  家政婦  俺様  意地悪  同居  復讐  ツンデレ  胸キュン  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。